未来そうぞう日記

知的障害を持った息子と巡る日曜の東京、神奈川周辺の散歩、未来予想(妄想?)、そして気になる話題を報告します。

散歩

伊豆稲取 日本一のひな壇

前回の伊豆稲取散歩の続き。 直売所の建物の横にはもやい石と呼ばれる大きな岩があります。これは船を係留するためのもので穴にロープを通して船をつなぎ留めます。 ちなみに渋谷にモヤイ像がありますがこちらは新島の岩で稲取とは関係ないですが、もやい=…

つるし雛と金目鯛の赤の街 伊豆稲取

前回の伊豆河津散歩の続き。河津から伊豆急行線で2つ隣の駅、伊豆稲取駅に到着。 稲取散歩の目的のひとつがこちら。駅から徒歩15分、稲取文化公園にある「雛の館」。 500円を払い入館すると出迎えてくれるのはこちらの16段の雛人形。 三人官女や五人囃子が…

長年の夢であった伊豆河津で桜を見る

今回の散歩はちょっと足を伸ばして伊豆の河津です。 目的は本場河津での河津桜花見です。20代のころから一度は見たいと思ってはいたが混雑しているニュースを見て躊躇してました。しかし、こういうことは足腰が丈夫な50代のうちにやっておこうと一念発起。満…

40年ぶりの頼朝の墓参り

鎌倉散歩の続き 鶴岡八幡宮から金沢街道を東に進み、少し路地に入ると昔ながらの丸型の郵便ポストがあります。 鎌倉はこのタイプが結構残ってますね。古都らしい風情があっていいです。 そして、清泉小学校の角には大蔵幕府跡の石碑があります。ここが鎌倉幕…

静御前の舞と源実朝暗殺の舞台 鎌倉鶴岡八幡宮

鎌倉散歩の続き 鶴岡八幡宮敷地内の大きな参道を進むと正面に舞殿が見えてきます。 ここは静御前が夫の源義経を思い舞った場所。それを見た源頼朝が敵対状態になっていた義経を慕う歌を舞うとは何事だと怒り、殺そうとしたが、北条政子にたしなめられたとい…

段葛から鶴岡八幡宮へ 鎌倉といえば鳩

鎌倉散歩の続き 二の鳥居を抜けると道路の中央は一段高くなった段葛と呼ばれる参道。鶴岡八幡宮まで真っすぐ伸びています。この左手にある白い建物。 鳩サブレで有名な鎌倉豊島屋の本店です。ホームページのURLはhttps://www.hato.co.jp/ ドメインが"hato.co…

2月ですよね、まだ。鎌倉由比ヶ浜

鎌倉散歩の続き こちらは江ノ電和田塚駅。 そこから1分もかからない場所にあるのが駅名の由来でもある和田塚。 鎌倉時代の「和田合戦」で亡くなった和田一族の霊を鎮めるために作られた塚であります。和田合戦とは、昨年2022年の大河ドラマ「鎌倉の13人」で…

寺社以外の古都鎌倉の魅力

今回の散歩の出発地はJR鎌倉駅です。 ここは鎌倉時代に日本の政治の中心になった都市ではありますが、江戸時代の主要道である東海道から外れていて、JRも東海道本線の大船駅から横須賀線に乗り換える必要があり若干不便です。一方、大規模な都市開発されるこ…

ディープな横浜黄金町からハイソな紅葉坂へ

今回の散歩の出発地は横浜黄金町(こがねまち)。最寄り駅は京浜急行黄金町駅。 黄金町というと昔、娼婦の街として有名だったのですが、警察が気合入れて検挙した結果、今ではだいぶ住みやすい街に変わったそうです。 駅のすぐそばの太田橋。ここを流れる大岡…

新旧交代の渋谷プラプラ(その2)

渋谷散歩の続き 再びスクランブル交差点に戻ってきて、今度は西に向かいます。 こちらは道玄坂。右手にあるのは超有名なSHIBUYA109のビルです。ここもスクランブル交差点と並び渋谷のシンボル的な建物であり、映画やドラマ、アニメなどでも登場し、度々破壊…

青森山田vs神村学園を等々力陸上競技場で観戦 高校生サッカー侮れない

今回の散歩は番外編。先日見てきた高校サッカー選手権を報告します。 正月休みの最終日の1月4日。昼食を食べてからテレビをつけたら高校サッカー選手権の準々決勝をやっていて、ネットで対戦表を見たら14:00から青森山田と神村学園(鹿児島)の好カードがある…

新旧交代の渋谷プラプラ(その1)

今回は約1年前の1月3日に訪ねた渋谷です。 渋谷と言えばやはり駅前(ハチ公前)のスクランブル交差点。 たぶん交差点と言えば日本で一番有名な交差点でしょうか。 この辺りはドラマやアニメでお馴染みの風景ですね。 アニメでは「Revisons」や「すばらしき…

夏目漱石、関孝和、小泉八雲を想い、東京23区で一番高い山に登る

早稲田散歩の続き 早稲田に縁のある人と言うと忠臣蔵で有名な堀部安兵衛。そして夏目漱石。 こちらは「夏目坂通り」。 この酒屋の隣には夏目漱石誕生を記念した石碑が建っています。 さらに東にあるこの小さな通りは「漱石山房通り」。 この通りの途中にある…

早稲田 穴八幡宮で高田馬場のルーツを見る

今回の散歩の出発地は東京メトロ東西線の早稲田駅。 早稲田と言って先ず思い出すのは早稲田大学ですが今回はパスします。 そもそも早稲田は地名。由来はいくつかありますが、神田川周辺の水田の多い地域で凶作に備えて早い時期に田植えをする田があった事か…

文豪が住んでいたという主張が強い芦花公園駅

今回の散歩の出発地は芦花公園駅。珍しく京王線です。 世田谷区と杉並区との境界にある駅で、隣の千歳烏山や八幡山に比べてさらにマイナーな駅ですね。 訪問したのは2022年1月。駅から富士山が良く見えます。 駅から千歳通りを南下すると目に入るのが立派な…

皇居乾通り一般公開行ってきました

皇居周辺散歩の続き 11/26(土)、ニュース見てたら3年ぶりの皇居乾り公開の記事を発見。混雑状況を調べたら、午前中の雨のためか、待ち時間ゼロだったので急遽訪問してきました。 最寄り駅は東京メトロ日比谷線、千代田線、都営三田線の日比谷駅、または東京…

皇居外苑をぐるりと回るが、視界が抜けて本当広い

皇居周辺散歩の続き 皇居平川門の目の前にあるビル。 こちらは毎日新聞の東京本社ビル。 ここの住所は千代田区一ツ橋一丁目1番1号。のも凄いかも。 日本のど真ん中の住所というと主要道路の起点である日本橋そばの「中央区日本橋一丁目1番1号」かもしれ…

皇居東御苑再訪

今回の散歩の出発地は大手町駅です。 地下鉄駅ですが千代田線、東西線、半蔵門線、丸ノ内線、都営三田線が乗り入れているメガ地下鉄駅です。 大手町と言えばこの摩天楼。地方にもタワーマンションが建っているので高層ビルそのものは珍しくないかもしれない…

芥川龍之介を代表に多くの文士が愛した田端だが最後はやはり鉄道の街

田端散歩の続き 前回、鉄道の聖地としての田端を紹介したが、実は明治・大正、昭和初期時代に活躍した文士が多く住んでいたエリアでもあり、駅前には田端文士村記念館があったりする。 坂が多い田端だが、こちらも江戸坂の途中にある。坂が多い街はなんか文…

一人旅初心者が行くのならば京都

お題「初めて一人旅をします。一人旅でよかった場所、一人旅初心者におすすめの旅行先を教えてください。」 初めて一人旅をしたのは小学生の時。 その後も一人でちょこちょこ出掛ける一人旅になんもハードルを感じない人間が助言するのは的確じゃないかもし…

ターバータ、タバ田端、タバ田端

山手線の中で一番存在感がない駅「田端駅」 田端駅というと昔何かのお笑い番組で「ターバータ、タバタバタ、タバタバタ」というフランス映画「男と女」曲のパロディーくらいしか覚えていないけど(本当はタバタではなくダバダ)、今回なんとなく訪問してみまし…

一度は上ってみたい東京スカイツリー

錦糸町散歩の続き。 錦糸町駅の北側の金のオブジェ。そして隙間から見えるのはスカイツリー。 金のオブジェとスカイツリーと言うと、こちら浅草の風景を思い出しますね。 錦糸町駅からスカイツリーまでは徒歩で行くと20分以上かかります。JRでは錦糸町が最寄…

「やおきん」と「塩」と「タバコ」と「私」

錦糸町散歩の続き。 錦糸町駅北口を出ると目を惹くのはこの建物。こちらは花火やちょっとしたおもちゃも扱っている駄菓子屋「エワタリ」さん。ビルに描かれているのは「うまい棒」のキャラクター「うまえもん」。どう見ても「ドラ〇もん」のパクリだが、設定…

錦糸町 南の顔はオッサンの聖地だが北の顔はファミリー向け

今回の散歩の出発地点は錦糸町駅。 JR総武線、総武快速線(横須賀線)、東京メトロ半蔵門線が停車。東京駅、新宿駅、渋谷駅だけでなく千葉、房総や横浜、鎌倉方面も乗り換えなしで行ける便利な駅です。 錦糸町つまり「錦の糸」という煌びやかな名前ですが、下…

贅沢な気分を堪能できる迎賓館赤坂離宮 実は一般人でも貸切ることができる?

四谷散歩の続き。 こちらは迎賓館の正門になります。修復・補強工事中で全体を見れなかったですが、豪華なつくりであることが分かりますね。こちらの門および右側の外柵が見れるのは2023年3月、全てが完了するのは23年12月以降だそうです。 正式には迎賓館赤…

四谷怪談の四谷だけど、聖イグナチオ教会の鐘が響く街でもある

今回の散歩の出発地は四ツ谷駅。 JR中央線、総武線(中央線各駅停車)と東京メトロ丸の内線、南北線が交わるちょっとしたターミナル駅です。 昔は四ツ谷駅は中央線沿線の国立に住んでた時は東京ドームがある水道橋に行くときに中央線から総武線に乗り換えくら…

妻恋神社、神田明神、湯島聖堂を歩く

湯島散歩の続き。 湯島天神から鳥居の前の道を南に500mくらい進み、清水坂と交差する左手の小道に「吉夢(よいゆめ)」と「妻戀(恋)神社」と書かれた提灯がありました。 こちらが妻恋神社です。 昔、日本武尊が東京湾上で暴風雨にあったとき、同船していた妻の…

旧岩崎邸庭園と湯島天神

今回の出発地点は東京メトロ千代田線の湯島駅です。 湯島と言うと湯島天神ですが、地上に上ると100m先に見えるのはこちらの池。 上野の不忍池ですね。湯島と上野って意外と近いんですね。 前回上野に来た時もそうでしたが今回も枯れた蓮の池でした。 この後…

神保町と喫茶店、そして個人経営食堂 職場が近くにあるといいのに

御茶ノ水(神保町)散歩の続き。 こちらは靖国通り南に平行と走る通り、神田すずらん通りにも古書店は多数ありますが、20-30年前に比べると少なくなった感じがしますね。 こちらは文房具の文房堂。 渋い佇まいにちょっと遊び心があります。 こちらは東京堂書店…

出版と古書の街 ずっと残って欲しい神保町

御茶ノ水散歩の続き。 前回の記事で紹介した山の上ホテル。締め切り前の文豪が缶詰めになったのはこの近くには出版社が多く、このホテルは位置的にちょうど良かったんでしょうね。 明大通りの脇道を入った所にあるのは白水社。 靖国通りに出て西に進むと千代…