未来そうぞう日記

知的障害を持った息子と巡る日曜の東京、神奈川周辺の散歩、未来予想(妄想?)、そして気になる話題を報告します。

港区だけど庶民の麻布十番 老舗が多い商店街がセーラームーンの聖地

今回の散歩は麻布十番駅周辺です。

 

麻布十番は昭和世代にとっては鉄道駅がないけど有名な地名だったのですが、1991年に東京メトロ南北線ができ、2000年に都営大江戸線ができて一挙にアクセスしやすいエリアになりました。

駅前にあるビル MAXPLAN AZABU10。個性的なデザインですね。

この土筆(?)もアートですね。

そして、こんなアート作品も。怪しげな雰囲気で後ろの看板の「特別警戒実施中」という文言とちょっとマッチしていますが。

近くを散策するとこんな感じで至る所に

彫像が展示してあります。アートに理解のある街なのかも。

さらに駅前にはこんなマンホールが!
どうやら「美少女戦士セーラームーン」の作者である武内直子先生が昔麻布十番付近に住んでいたのにちなみ最近港区が設置したものだそうです。そしてここは月野うさぎとタキシード仮面が運命の再会を果たした場所だとか。

駅前の東西に伸びる麻布十番通りの商店街。地下鉄駅ができた後も大きなエンタメ施設やショッピング施設もできることなく、港区でありながら若干下町っぽい雰囲気を残す商店街があり、親しみやすいエリアです。セーラームーンの漫画内でこの辺りも良く登場してたとか。

こちらはたい焼きの浪花家総本店です。

創業1909年(明治42年)の老舗で、昭和世代には懐かしい「毎日、毎日、僕らは鉄板の上で焼かれて、いやになっちゃうよ」でお馴染みの「およげ!たいやきくん」のモデルになった店です。東京で一番有名なたい焼き屋さんと言っても過言ではないかも。それにしてもこの歌詞、サラリーマンオジサンに効きすぎる。。。

www.youtube.com

こちらは豆菓子の豆源本店。1865年慶応元年創業の老舗です。

こちらたぬき煎餅。ここも創業1928年の老舗。和菓子の老舗が数十メートル内に点在するなんて土地はなかなかありませんね。

こちらは店の守り神である全宝大膳神の狸さまです。もちろん、ただの狸ではなく豊川稲荷に仕えていた狸だとか。。。ん、稲荷で狸? 狐でなく? 稲荷神社に狸を祀るケースは少ないがあるみたいなのでアリと言えばアリなのか。

こちらは宮内省御用達の煎餅店だそうです。手軽な値段で買える宮内省御用達品ってちょっといいですね。(値段は2022年5月時点のものです)

和菓子以外もこちら永坂更科 布屋太兵衛 麻布総本店、蕎麦のお店です。

創業は寛永の時代、220年以上の歴史を持つ老舗です。

本当、麻布十番は老舗が多いですね。

次に南側を東西に延びるパティオ通りへ。こちらも創業1950年という老舗のとらや帽子店。こんな専門店が街中の商店街に残っているのっていいですね。

パティオ通りを西に進むと、、、

道路が左右に分離して中がグリーンスポットになってます。

ここはパティオ十番というイベントなどにも使われる多目的エリアだそうで、いくつかのドラマ撮影にも使われたとか。このプレートがちょっと昭和感があっていいですね。

そして、ここには童謡「赤い靴」のモデルとなった岩崎きみちゃんの像があります。歌の中では「異人さんに連れられて行っちゃった」となっていますが実際は渡米する前に結核で9歳という短い生涯を終えたそうだ。

ここに像が立てられているのはどうやらこの近くの孤児院で療養していたようです。

童謡の舞台である横浜の山下公園に像があるのは知ってましたが、麻布十番にもあるのはちょっと意外でしたね。

(つづく)

広尾 南麻布 有栖川公園 何かブランド力のある名称ですね。

広尾散歩の続き

 

駅前の外苑西通りまで戻ってくると広尾学園のビル? 昔、順心女子学園という女子高だったが2007年に共学の広尾学園に生まれ変わったそうだ。土地柄なのか結構偏差値が高いようです。

同じく外苑西通りにあるのがミドリ安全の本社ビル。工場に勤めた経験がある人ならばヘルメットや安全靴の会社として知らない人はいないのでは? もちろん私もお世話になりました。

という感じで外苑西通りは結構大きな建物が多いのですが、一方で駅傍の広尾橋交差点の西にはこんな商店街も残っています。高級住宅街に高級マンション、それに高層ビルに庶民派商店街。広尾は結構いろんな顔を持っていますね。

そして広尾橋交差点東側にもこんな下町っぽい雰囲気が。。。と言っても奥には

デパートやショッピングモールなどで最近よく見かけるワインショップのエノテカ。こちらはどうやらエノテカ本店のようです。さすが広尾と思ったら外苑西通りの東のこのあたりは広尾ではなく南麻布になります。ちなみに広尾は渋谷区ですが南麻布は港区です。さらにブランド力アップという感じでしょうか。

そしてさらに東へ行く広尾ガーデンヒルズ内にもあったNATIONAL AZABUです。

この角度で見たら日本?って感じですが、中で売っているモノもインターナショナル。
こちら1階はスーパーで2階は書籍や雑貨を扱って子供向けの英語の知育本や欧米ドラマのバースデーで見られるようなパーティーグッズなども置いてあります。ここのラインナップはよくある輸入雑貨店の日本人にもウケそうなオシャレなモノというより、アメリカの普通のスーパーで扱っていそうなものが多い印象ですね。

中の説明書きは日本語ですがアメリカっぽいです。

自動販売機もインターナショナル。輸入品である分、高めの値段設定。これは2022年訪問時ですから今はもっと高いかも。

ドクターペッパーもレアでもあるが日本全国探せばあります。しかし、そのチェリー味となるとなかなか見ませんね。菊のジュースもなかなかお目にかかれません。

さらに今年行ったときはストロベリークリーム味がありました。

このスーパーがある通りの坂、南部坂右側の人を威圧するようなコンクリートの壁は

ドイツ大使館の壁です。そりゃセキュリティー上、ごつい壁にもなりますね。

この南部坂の反対側は

有栖川宮記念公園です。

こちらは南部坂の由来でもある陸奥盛岡藩の藩主南部氏の屋敷があったところ。明治時代、この公園名の由来でもある有栖川宮の御用地になったそうで、園内には有栖川宮幟仁親王銅像があります。こちらの「有栖川」というのは何となく高貴な響きがあって、なんとなくこの地のブランド力アップに貢献している気がしますね。

記念公園としてはそれほど大きくない公園ですが園内は起伏に富んでおり、緑深い公園です。

この周りは大使館が多く、外国人が多く住んでいますが、彼らの憩いの場として人気の高いスポットだそうです。

園内には小さいながら滝もあったりします。夏でも涼しそうですね。

御料池は新緑の季節だけでなく、桜の春、紅葉の秋も楽しめそうです。

ところで、あの塔は?

末日聖徒イエス・キリスト教会です。以前はモルモン教と呼ばれていましたね。

よく見るとこちらの像は終末ラッパを吹いてますね。

また、こちらの一見マンションみたいな建物は

カタール大使館だったりします。そして、その脇には

男子御三家のひとつ、麻布中学麻布高校の門があります。近隣の高級住宅地に住んでいるご子息が通いやすい場所にあるというわけですね。広尾に南麻布、庶民的な商店街もあったりしますがやはりハイソサエティーなエリアですね。

広尾 緑多くて住みやすそうだけど、、、簡単に手が出ない高級住宅地です

今回の散歩の出発地は東京メトロ日比谷線広尾駅

 

広尾と言えば高級住宅街。大きな商業施設や遊戯施設やイベント会場があるわけでもないので東京近郊に住んでから30年近く経ちますが初めての訪問です。

ちょっと驚いたのは駅前のファミリーマート。景観に配慮した配色の店舗は観光地で時々見るのですが一般的な街で見るのは珍しいですね。

さすが高級住宅街。

駅前には高級スーパーの明治屋があります。

こちらは広尾プラザと呼ばれる小さなショッピングモールで明治屋以外にもDEAN & DELUCAやメゾンカイザーなどがテナントで入っています。

こちらの広場では毎週日曜に無料の音楽イベントが開かれているそうです。日曜の午後、まったり過ごすのに良さそうですね。

外苑西通りを挟んで東側には広尾ガーデンがあります。こちらもファッションやレストラン、本屋などが入ったこじんまりしたモール。ちょっとしたものであればこの辺りで一通り揃うという感じでしょうか。

こちらの小さなスペースにはスーパーで見るような出張カフェが出店してますが、

オープンカフェスペースまであります。外国人居住者が多いため、オープンカフェの需要があるんでしょうね。

こちらはルグラン フィーユ エ フィス東京。パリの140年以上の歴史を誇るワインショップの東京店で海外初出店だそうです。購入だけでなく、カフェ・ワインバーとしても楽しめ、写真は開店前でわかりにくいですがこちらの面の窓が解放され、外の空気を感じながらワインを楽しむことができるそうです。なお、こちらで扱うのはフランスワインのみで500種もあり、地下にカーブがありそこには高級ワインが揃っているとか。

レアものも多くこの記事によると「シャトー・ラフルール」のマグナムボトル(通常の750mlの2倍)で7万円から14万円だけど飛ぶように売れたとか。さすが広尾。

そして、このショップの西側、S字カーブの上り坂。

ここを進むと雰囲気は一転、気温が3度くらい変わるような木陰の道。

緑の中に佇む案内プレートには

広尾ガーデンヒルズと。

広尾ガーデンヒルズは1987年に竣工した大規模マンション群。

都心のど真ん中に深い森に囲まれた高級マンション。広尾のステータスをぐっと引き上げ、一躍著名人やハイソな人たちの人気レジデンスエリアにした立役者でもありますね。

1987年と言えば昭和時代。初期に開発されたものはまもなく築40年となりますが未だに人気があるとか。SUMMOで調べると築39年5階2LDK専有面積67.45m2の物件でなんと2億1500万円! 中古なのにこの値段。中古ですよ。庶民には全然手が届きませんね。

こちらには敷地内に小さな病院やカフェもあり、

ちょっとしたスーパーもあります。こちらのNATIONAL AZABU、生鮮食品から生活雑貨まで揃っていますが、シャケ弁が980円だったり、3,000円を超えるフォアグラの塊を扱っていたりと普通のミニスーパーとはちょっと違いますね。まぁ、シャケ弁の鮭はちょっと高級ぽい感じがしましたが。

このガーデンヒルズの裏手にあるのが日本赤十字社の医療センター。日本赤十字社愛子様が嘱託職員として通われているということで有名になりましたね。

ガーデンヒルズからは直結の裏門があり、こんな大きな病院が近くにあると年を取ったときにちょっと心強いですね。

こちらには看護大学も併設しています。「救援のために水を運ぶ夫人の像」とか赤十字らしいですね。

そして病院から見える隣の和風建築?

こちらは聖心女子大学の建物でした。今はわかりませんが昔はお嬢様学校として有名でしたね。

そして病院の前の道を挟んであるのが

東京女学館。こちらもお嬢様学校として有名です。広尾に住んでいる資産家のご子息が通いやすいのでしょうね。

また、こちらの通りには一般の住宅に紛れてチェコ共和国の大使館があったりします。近辺の六本木、麻布には各国の大使館がありますが、ここ広尾は緑が多く、病院や学校などがあるくらいで静かに過ごすことができる非常に良い住宅地なんでしょうね。

(つづく)

六本木ヒルズ 庶民には手は出ないがリッチな人には良い所かも

六本木散歩の続き

 

六本木ヒルズと言えばこのタワーマンション。森タワーの54階には及ばないものの43階とかなり高層です。かつては最上階にホリエモンが住んでいたとか。

ここでさくら坂とけやき坂に分岐します。櫻坂46と欅坂46はここから来ていますね。(少し離れますが乃木坂もありますし)

けやき坂は以前の記事でも書きましたが銀座並にルイ・ヴィトンなどの高級ブランドの店が並ぶストリート。

坂の下の交差点には前回も紹介した蔦屋書店とスタバのコラボ店。

六本木は近隣に多数の大使館もあり外国人の多い街。そのためかオープンカフェも多いエリア。大きな犬を横にカフェでコーヒーとか絵になりますね。

こちらはさくら坂。春の花が咲くころでないとわかりにくいですが桜並木の坂です。

初夏だとこんな感じに緑に覆われる良い坂です。

そして再び六本木ヒルズへ。ヒルズの森タワーの下は高級ブランドが並ぶショッピングモール。どこか欧州の街並みを思わせるデザインに吹き抜き。街の様子を覗くような遊び心が溢れている設計ですね。

真っすぐには建てず、斜線や曲線を巧みに織り込み煩雑感を演出しつつ、チープにならないよう少しだけ高級感を残しているのが面白いですね。

通路も不規則に横断しています。

お店付近も昼間でも少し暗くしライトを使って演出しています。

ディオールもこんな感じ。

こちらは外側のグッチですが

なかなか大胆なデザインです。全体的に銀座より少しだけカジュアルな感じですね。
銀座は離れた場所に住んでいるリッチな人たちが洒落込んで出掛ける街ですが、ある意味ここは近所に住んでいて普段着でぷらっと出掛けて立ち寄る場所という感じなのかもしれませんね。

クリスマスツリーもトラディショナルな感じより少しアート感があるほうが好まれるのかな。

そして、ショッピングに疲れたら休めるスポットがそこかしこにあるのがいいですね。

この東京タワー、夜になるとさらに良いかも。

外側のデザインもいい感じ。ちょっと散歩するのに良いですね。

また、目の前の毛利庭園は春は桜、秋は紅葉と自然にあふれていて、わざわざ郊外に出かける必要もないですね。

dad-aslan.hatenablog.com

dad-aslan.hatenablog.com

あちらに見えるはテレビ朝日

こちらも4年前の記事で紹介したので改めて詳しく説明はしないが

新しく増えていたドラえもんは紹介。

ひみつ道具の展示も増えてました。

そういえば、コピーロボットってパーマンだけでなくドラえもんにも登場してたんですね。どうでも良いが鼻が赤い酔っ払いが使ったらどうなるのか子供の頃、真面目に考えていましたね。

そして、この建物裏側にはオープンスタジオが。。。!
こちらはテレビ朝日でなく、ABEMA TVですね。本社は渋谷で出資はサイバーエージェントだからテレビ朝日と関係ないかと思って調べたら、テレビ朝日も出資していたんですね。

また、スタジオはこちらにも。

FMラジオのJ-WAVEのけやき坂スタジオもありますね。

これ以外にも同じ六本木内にテレビ東京、隣の赤坂はTBSとテレビ関係者には便利なエリアです。著名人がヒルズも含め、この周辺に住んでいるのは頷けますね。

と、住むのに悪くない所ですが、まぁ、庶民が出せる家賃ではないので。。。

六本木ヒルズで「薔薇は薔薇は気高く咲いて~」

乃木坂散歩の続き

 

国立新美術館付近をブラブラしていると見えるのは六本木ヒルズですね。

そちらの方を目指してみます。

それにしてもこの花、昭和時代、自転車のホイールに付けていたハブ毛を思い出します。木の名前はそのままんまの「ブラシノキ」。以前、新宿御苑で見つけたベニヒモノキよりも再現度高いですね。

途中見つけたのは

出雲大社の東京分祠。大都会だと時々、コンクリートに囲まれた神社を見かけますね。地価の高い六本木ですから敷地も最小限という感じでしょうか。

絵馬は出雲らしい縁結びをモチーフにした図柄ですね。

テレビ朝日通りを進むとこちらのけやき坂通りと交差する三叉路にでます。

こちらの交差点にあるのはグランドハイアット東京。ハイアットブランドでは最高級のパークハイアットほどではないが上位にランクするカテゴリ。佇まいがいいですね。

そして六本木ヒルズ。先ずはこの森タワーの52階東京シティビューへ。

このとき(2022年11月)の催し物はこれ、ベルサイユのばら展

東京タワーをバックにオスカルの等身大ポスターが。

東京タワーを背負ってるジェローデル

そしてマリーアントワネットとルイ16世

「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」で有名なマリーアントワネット。実際、本人はそんなことは言ってないが、いかにも言いそうな台詞ということで広まったんでしょうね。後のフランス革命で人々を焚きつけるのに丁度良かったんでしょうね。それにしても等身大になるとさらに煌びやかさがアップ。ヒルズの高層階からの背景が似合ってますね。

そしてルイ16世はこの漫画では唯一冴えない顔で描かれたおっさんですね。女性に興味がなく、引きこもって錠前を作るとオタク伝説が残っているので仕方にですが。それでもフランス国王、衣装は立派です。

そして、こんなフォトスポットも。

中央にマリーアントワネットとオスカル、左にフェルゼン、右にアンドレを配置。
彼女たちが隠れるように真ん中に立つと薔薇と二人の紳士に囲まれた写真が撮れますというか、ここは係の人がいるので撮ってもらうことができます。
少しだけ待ち行列ができていましたが、この展示はベルばら50周年記念で企画されたもので、裏を返せば60代のオバサマ方がターゲット。まぁ、子育ても済んで一番余裕あるパワフルなオバサマ達のおしゃべりに圧倒されましたね。

その他、展示物もあり、漫画だけでなくアニメに関わる資料や

宝塚のベルばらのポスターも。

この辺りの貴重な衣装を間近で見れるのも良かったです。

本当、気合の入ったプロのコスプレですからね。

また、展示物だけでなくここから東京の街並みも楽しむことができます。

右側に国立新美術館の建物が見えます。その左手前側は米陸軍のヘリポート、手前は赤坂プレスセンターと呼ばれる米軍基地です。その奥にある緑地は青山霊園ですね。

なお六本木ヒルズに住んでいると言ってもここ森タワーはオフィスビルで、住めるのは画面左下のヒルズレジデンスの方です。最上階でもここまでの眺めは楽しめませんね。森タワーの方にはゴールドマン・サックス証券やグーグル、アップル、フェラーリが入ってます。それならば転職で、、、(いや、住むより大変?)

そして、こちらの六本木森タワーのシティビューですが現在はこちらの「花とゆめ展」を6月30日まで開催しています。22:00と夜遅くまでやっているので興味ある方は会社帰りにでも寄ってみてください。(個人的には動物のお医者さんが懐かしい)

(つづく)

今年7月が楽しみです。国立新美術館

今回の散歩は乃木坂駅周辺。

 

東京メトロ千代田線の乃木坂駅6番出口を上ると

こちらの建物の回廊に出ます。

こちらは国立新美術館の入り口です。

この時はメトロポリタン美術館展をやってました。レンブラントフェルメール、モネ、ルノワールなど錚々たる超巨匠の作品がずらりと並んでいました。さすがニューヨークの頂点に立つ美術館。個人的にはセザンヌ「リンゴと洋ナシのある静物」が見れたのが一番の収穫ですね。息子と行くとゆっくりは見れないのですが障害者割引で付き添いも無料になるのはこの値上げラッシュのご時世、本当嬉しいです。

また、この時はダミアン・ハーストの展示もありました。

こちらは撮影自由だったので中の部屋を紹介するとこんな感じ。この美術館、最寄り駅は乃木坂駅ですが住所は港区六本木。なかなか地価の高い土地ですが贅沢に空間を使っていて、かなり広々としています。

また、こちらは正統派の美術展だけでなく、国立だけどサブカル系の企画展もよく行われています。6年前はJOJO荒木飛呂彦原画展が催され、この時は結構賑わっていましたね。また、今年2024年の夏には「カードキャプターさくら」や「XXXHOLiC」等の人気漫画を生み出し、「コードギアス 反逆のルルーシュ」のキャラクターデザインを手がけたCLAMPの企画展が予定されていますね。個人的にはこれ、結構楽しみにしています。

また、こちらは建物そのものも美術品と言っても過言ではありません。

建物の設計者は黒川紀章。今はないが六本木プリンスホテルや汐留の中銀カプセルタワーなども手掛けています。ちなみに西武新宿線沿線に住んでいた自分としては懐かしい高田馬場のBIG BOXも設計しているようですね。

この手前の二階の方はカフェ「サロン・ド・ロンド」
奥はフレンチレストラン「ブラッスリーポール・ポキュールミュゼ」
有名なひらまつグループのお店ですね。

この日は雲が厚く少し薄暗いですが、天気が良ければ開放感あるカフェ、レストランとして楽しめそうですね。若干お値段は高いですが。

それにしても本当、空間を大きく使っています。

外光も取り入れ、これだけ大きな吹き抜けもなかなか無いですね。

所々休憩できる椅子があり、ここは美術館の外のエリアになるので無料で利用できます。ただ、ここでぼーっと過ごすのもいいですね。

なお、ここは帝国陸軍第一師団歩兵第三連隊の兵舎だったようで館内には模型が展示されいます。軍の施設の割にはなかなか洒落た建物だったんですね。

外から見るとこんな感じ。

これだけの巨大な建物で大胆に曲線を使ったデザインはなかなかないですね。

そして、美術館に隣接しているのは

政策研究大学院大学? どうやら名前通りの政策研究や政策プロフェショナルを目指す人たちのための大学院大学(大学4年を卒業した後の修士や博士課程のみ)です。国立の大学機関で地域名がつかないここまでベタな名前は珍しいかも。

(つづく)

 

おまけ。

乃木坂駅そばには超有名な芸能事務所があるのですが、

看板が外されていますね。

数年前はこれだったのですが。

エンターテインメントにあふれた鎌倉長谷寺

鎌倉散歩の続き


大仏を見るために江ノ電長谷駅には何度も降りたことはあるのだが長谷寺は一度も訪問しておらず、今回が初の訪問です。
その参道にあるこちらは長谷寺そばの旅館、對僊閣(たいせんかく)。昭和初期の建物で現在も営業中だとか。こんなこじんまりした老舗で100年近い歴史があるちょっとスゴイですね。

そして長谷寺。こちらはっきりとした文献は残っていませんが創建は奈良時代だとか。幕府ができる前からある鎌倉でも指折りの古刹ですね。

遠めでも目立つ赤い提灯が目印ですが、この門は通れないので横から入ります。

山門から延びる道の両脇には池があり

山の斜面にある苔の庭。しっとり降る雨がより一層緑を濃くしますね。

京都に行かなくとも東京の近くでこんな風情を楽しめるんですが大仏エリアに比べたら観光客が少なく、まだまだ穴場なんでしょうね。

こちらは千体地蔵。水子供養のために納めた小さな地蔵が並んでいます。千体あるかは不明ですが。

供えられた花がグレーのお地蔵様たちと対比して鮮やかですね。

その隣には卍形の池があります。外国人にはナチスの鉤十字と勘違いされそうですが。

こちらにあるのは一体?

牡蠣の殻の絵馬です。

300円って円安のご時世、外国人から見たらかなりお安いのかも。

貝殻以外にも普通の絵馬ももちろんあります。

こちらは本堂です。

本尊の木造十一面観音立像は高さ9.18m。日本一の木像仏像は福岡市東長寺の像高10.8メートルの福岡大仏らしいがこれは平成につくられたもの。それに対しこちらは明確な記録がないが室町時代と推定されている。日本一ではないが700年くらい前から大仏とセットで鎌倉を代表する仏像として人々に愛され続けたんでしょうね。
また、中には観音ミュージアムという小さな博物館(別料金)もあり、重要文化財の懸仏(鏡面に仏像を彫ったもの)や梵鐘を観ることができます。

こちらは珍しい一人一文字づつ書く写経。

右にあるカードの文字を

石に書いて奉納。奉納したらカードをめくり、他の人が次のカードの文字を書くという流れで最終的に写経できるというものだ。知らない人ともお経を通じて繋がる面白い考えの写経ですね。

外に出ると展望台があります。

鎌倉の街が一望できますね。その向こうには三浦半島と青い湘南の海が広がるのですがこの日は残念でした。

その横には仏足石と経蔵の建物があります。

経蔵にはお経が納められた回転式の書架があり、それを一回しするとお経を全て読んだと同じ功徳が得られるとか。マニ車ですね。さらにこの奥に散策路があり紫陽花が楽しめるそうです。この訪問は4月だったので機会があればまた訪問したいですね。

そして寺の右手側には小さいですが洞窟があったりします。

こちらには弁財天が祀られています。

その他、枯山水の庭があったり、

触れる観音様、

触れる大黒様も祀られていたりします。

現代人から見たら大したことないかもしれませんが、この長谷寺は巨大な観音様だけでなく、苔、枯山水、紫陽花の庭に洞窟もあり、さらにマニ車、一文字写経、ふれ愛観音、さわり大黒と体験型も揃ったエンタメスポットなんでしょうね。