未来そうぞう日記

知的障害を持った息子と巡る日曜の東京、神奈川周辺の散歩、未来予想(妄想?)、そして気になる話題を報告します。

特殊詐欺向けに固定電話も進化しないのかな

今週のお題「かける」

 

我が家には固定電話(家電=いえでん)ありますが、最近スマホだけで固定電話がない家庭も多いですね。一方、シニアの家ではまだまだ固定電話が主役です。

 

先日、ガラケーがサービス終了するということで後期高齢者である母親にスマホを贈呈、正月帰省時に使い方のレクチャーをしてきました。手製のマニュアルを年末に作って教えましたが、最初のフリックしてパスコードを入れるところから四苦八苦。かかって来た電話をとるという必要最小限の操作でさえも慣れるまでかなりの時間を要しました。そう考えると、受話器を取るだけで通話できる固定電話はわかりやすいですね。

 

世の中にはこんなスマホ用の受話器があるそうです。受けるだけならば、この受話器側だけで操作できるみたいです。これは長電話する人には疲れにくいとか。また、電磁波の脳への影響が心配な人にもお勧めだそうです。

 

一方、固定電話にこだわりのある人は携帯電話の通信回線を使った固定電話というものもあるそうです。

 

中にはスマホっぽい画面を使った固定電話もあるみたいです。

otona-life.com

 

それにしても、Andorid OSを使うならばもっとインテリジェントな電話というか、家電用アプリが出てきてもいいように思えますが、なかなかでてきませんね。

自分は怪しい電話番号がかかってきたときはすぐ応答せず、後で電話番号をPCかスマホ「ジャンクコール」などのサイトを使ってどの業者からかかってきたか特定し、しつこい電話の場合は着信拒否設定をします。

 

この辺りのサイトのサービスと連携して、自分の電話帳に登録してない電話番号からかかってきたとき、業者名や怪しい電話番号と表示するスマホ向けの電話アプリはあるようですが、同様な機能がシニア世代が良く使う固定電話にも搭載されれば特殊詐欺(オレオレ詐欺)の被害も軽減できそうな気がしますね。

 

さらに進化して電話帳に登録してない番号からの通話は、AIを使って会話内容から特殊詐欺がどうかの判定する機能も出てくるかもしれませんね。詐欺側はAIの隙を突くような会話を日々研究、対策して、いたちごっこになるかもしれませんが、今の警察や自治体が注意してくださいと呼びかけるだけの状況よりかは改善しそうですね。

2月ですよね、まだ。鎌倉由比ヶ浜

鎌倉散歩の続き

 

こちらは江ノ電和田塚駅

そこから1分もかからない場所にあるのが駅名の由来でもある和田塚。

鎌倉時代の「和田合戦」で亡くなった和田一族の霊を鎮めるために作られた塚であります。和田合戦とは、昨年2022年の大河ドラマ「鎌倉の13人」で髭面の脳筋で政治力はないが愛されキャラのオッサン横田栄司さん演じる「和田義盛」が、当時の政治を取り仕切っていた北条義時に対して反旗を翻した事件で和田義盛の乱とも呼ばれています。

www.nhk.or.jp

ドラマは史実に基づいて書かれているので、ここで亡くなることはわかっていたのですが、あのキャラが退場してしまうのはちょっと悲しかったですね。

和田塚から500mほど南に行くとそこは海。由比ヶ浜の海岸です。

ここは和田合戦での戦場になった以外にも何回か戦場になっています。また、武士の首を落とす処刑場としても使われていたということで、遺跡調査では5,000体の遺骨が見つかったとか。さらに有名なのは源義経の妻であった静御前が生んだ赤ん坊が男の子だったということで将来復讐されることを恐れた源頼朝がこの浜に埋めたというエピソードは有名ですね。

今では東京から行きやすい海水浴場として人気スポットですが、歴史的には結構えぐいスポットだったんですね。

こちらは「さくら貝の歌」の歌碑。この歌はこの近くに住んでいた鈴木義光が若くして亡くなった恋人を偲んで詠んだ短歌がベースになっているそうで、1949年(昭和24年)にNHKラジオで流れて大ヒットしたそうです。

ちなみに訪問した日は昨年の2月6日。なんか季節感が麻痺しますね。

冬の方が波が高いからサーフィンに向いていると聞いたことはありますが。

この辺りは近所の人が自転車やバイクにサーフボードを付けて走るのをよく見かけますね。

そして中には上半身裸で日光浴、、、!

春分の日を過ぎたとはいえまだ真冬なんですが。。。

再び若宮大路を北に向かいます。

すると鳥居が見えます。鶴岡八幡宮の一の鳥居ですね。

その鳥居の横にはNTT東日本の鎌倉電話交換所がありますが、こんな石碑があります。

日米海底通信の史跡。日本とアメリカ、サンフランシスコまで通信ケーブルで繋がったのは1906年明治39年だそうです。結構古くから繋がっていたんですね。当時は川崎から繋がっていたようですが断線事故が頻繁に起き、最終的にこちらに移動してきたそうです。

さらに若宮大路を北に進むと「下馬」という交差点があります。

鶴岡八幡宮に参拝するときはこの地で武士であっても馬から下りるルールがあったそうだ。それにしてもこの石碑、バックがガソリンスタンドというのが何とも。。。

そして、こちら鶴岡八幡宮二の鳥居。

ここから先の若宮大路は道路の真ん中は「段葛」と呼ばれ1段高くなっています。

(おまけ)今回はこちら florestaさんでお土産購入。関東では店舗数がそれほど多くないですが全国展開しているドーナツチェーンです。

チョコドーナツです。

(つづく)

(未来予想)いるだけマンションコンシェルジュ

2025年の妄想ブログ: 

 

知人から聞いた話だが、知的障害者向けの仕事で本屋の中を巡回する仕事があるそうだ。棚出しや本の整頓、お客様からの問い合わせ対応などは行わず、挨拶をするくらいだが、万引き防止効果はかなりあるらしい。人に見られていると思わせるだけでも犯罪抑止に繋がるということだ。

 

そして、最近時々話題になっているのはマンションの入り口に常駐するだけの仕事。いわゆる管理人や高級マンションのコンシェルジュとは異なり、エントランスの清掃や設備不具合に関する問い合わせ等の業務は行いません。マンションの出入口によく駅などにあるリモートワーク用の小部屋みたいなものが設置されていて、基本はそこで出入りをする人に挨拶をするだけの仕事です。そもそも監視カメラもあったりするのになぜ?という疑問もありますが、監視カメラと言ってもその多くは常時人が見ているわけではなく、事件があった後に確認することになるので、やはり人がいるほうが犯罪防止効果は高く、マンション住人の安心度も大きいようです。

 

挨拶以外にも荷物宅配やフードデリバリーの代行受け取りも1回100円で請け負っているそうです。といっても基本不在の時の受け取りではなく、一次受け取りの代行で受け取った後、15分以内に取りにこないと延長料金で15分ごとに100円がかかるようになっています。これはあくまでも宅配業者やデリバリーを装った犯罪者から身を守るサービスということだそうです。

 

この仕事は業務委託なので時給換算すると最低賃金を下回りますが、その時間別の仕事をしてもいいわけで、業務の内容を考えると悪くなかったりします。在宅ワークの人が副業でやっているケースも多いようです。

 

なお、この仕事での必須条件は大きな声で挨拶できること。これが簡単そうでなかなかできなかったりするそうですね。

 

 

今週のお題「マメ」

最近1日1杯、14:00-15:00の間で仕事の集中力が途切れたとき、コーヒーをハンドドリップで淹れて飲んでいます。こちらは清澄白河のARISEさんのコーヒー豆。グアテマラ、ドミニカ、ブラジルを100gずつ購入しました。100g約1,000円近くしますが、やはりこれくらいの値段になるとスーパーで売っているものより、2ランクぐらいアップしますね。こちらの店員(店長らしき人)はちょっと怪しい風貌で、いきなり英語で説明してきたのですが(私は見た目いかにも日本人なので間違ったというよりパフォーマンスの可能性もある)、豆そのものは良いモノです。先ずはベーシックなブラジルをいただいたのですが、後味に僅かに苦味の余韻が残るスッキリした味わいですが、雑味がないのがいいですね。

 

寺社以外の古都鎌倉の魅力

今回の散歩の出発地はJR鎌倉駅です。

 

ここは鎌倉時代に日本の政治の中心になった都市ではありますが、江戸時代の主要道である東海道から外れていて、JRも東海道本線大船駅から横須賀線に乗り換える必要があり若干不便です。一方、大規模な都市開発されることがなかったので、古都鎌倉という風情ある街として残ってくれたのは結果的に良かったと思います。

托鉢しているお坊さんが似合う駅舎ですね。

こちらとんかつ屋あら珠。開店したのはそれほど古くはないが、元は100年以上続いた老舗饅頭屋で建物を引き継いだようです。

鎌倉の工芸品と言えば鎌倉彫。鎌倉は寺の街で仏師が多くいましたが、明治時代の廃仏釈の運動で仕事が激減。それに代わる仕事としてお盆や小箱などの現在の鎌倉彫の産業に発展したそうです。店構えも風情がありますね。

こちらはよく見るケンタッキー・フライド・チキンですが、

カーネル・サンダースも鎌倉武士仕様です。

こちらは小さなアーケード街「丸七商店街」になっています。

午前中だったのでまだお店はどこも開いていませんでしたが。

そして、こちら若宮大路沿いにあるのは鎌倉中央食品市場

パン、焼き鳥などの食品や雑貨を売る小さな店と農協連の即売所があります。

近所の農家さんが採れたての鎌倉野菜を格安で販売。地元のマダムにも人気なスポットだそうです。この日は西洋野菜の盛り合わせで300円。買って薄くスライスしサラダにして美味しくいただきました。滅茶苦茶コスパいいです。近所に住みたくなりますね。

さっきの写真は去年の2月のもので、こちらは最近の写真。

ちょっと内容が変わってますがこちらで350円です。

若宮大路を南下し、横須賀線の下をくぐり下馬の交差点を西方向に延びる大町通りを行くと江ノ電の踏切があります。

そのすぐそばにあるAWKitchen GARDEN鎌倉はテラス席で江ノ電を楽しむことができるレストラン。

先ほどの鎌倉野菜を使ったバーニャカウダとかが食べれます。

この交差点から北に伸びる通りは御成通り。鎌倉駅の西口につながります。

昔ながらの薬屋や酒屋から最近のカフェ、スイーツの店まで様々の種類の個人店が多い活気のある商店街です。

鎌倉の商店街と言うと鎌倉駅東口から鶴岡八幡宮方向に延びる小町通りが有名ですが、あちらが観光客向けに対して、こちらは地元民向けという感じですね。

こんな懐かしいタイプのガチャガチャがあったりします。(自分が小さいときは20円でしたが)

再び大町通りに戻り、西へ進みます。途中、刀剣の店や古美術、骨董品の店があったりします。古都鎌倉らしいですね

今小路と交差するところに六地蔵が祀られています。こちらは近くにあった刑場があり、処刑された者たちの霊を慰めるために建てられたとか。

逆に考えると、刑場は町はずれに作られることが多いのでここが昔の鎌倉の街の西境と言えそうですね。

※こちらは2022年2月に訪問したときの情報です。新陳代謝の激しい観光地鎌倉なので現在の状況が変わっていることがあります。

(つづく)

老後が見えてくるアラフィフが人口的に真ん中?

先日、静岡に帰って東海道線に乗ったら、3両編成の車両だったのに驚いた。調べたら沼津発東京駅方面行きは10両だっりするが、静岡県内を走るものは最大で6両だった。近所の私鉄ローカル線である伊豆箱根鉄道駿豆線は3両編成だが、それと同じ編成がJRの幹線である東海道線で存在するというのはちょっとショックだった。

 

そして、電車に乗ってみるともう一つ気付くことがあった。自分が静岡にいたころに比べ、圧倒的に若い世代が少ないということだ。確かに年末休暇で学生が少ないとはいえ、クルマを持っていない10代の移動手段は公共機関の交通手段に限られているのでもっと割合が多かったのだが少子化が進んでいるということをハッキリと感じました。

 

自分の子供が小さいときは横浜の港北ニュータウンに住んでいたが、たまたまそのエリアは子育て世代が多く、今住んでいる川崎市タワーマンションで有名な武蔵小杉エリアを中心に若い世代を多く見かけるが、地方に来てみると子育てを終えた世代が圧倒的に多いことに改めて気付かされますね。実家のある三島は東京駅から新幹線で最速44分。東京通勤可能範囲ということで引っ越してくる子育て世帯もいるようですが、それでもここまで淋しく感じるのは本当ショックでした。

 

人口で見た年齢の中央値は港北ニュータウンのある神奈川県横浜市都筑区が41歳、武蔵小杉のある神奈川県川崎市中原区が39歳、それに対し静岡県三島市は47歳。日本全体では48.4歳に近いことからこれが平均的な日本に実情であるということなんですね。

 

日本全体の中央値が48.4歳ということは自分みたいな50代前半のおっさんでも、まだ人口年齢の山頂を過ぎたばかりというわけで、自分より高齢な方がたくさんといるということですね。さらに大都市へ若者が流出している分、田舎エリアではさらに高齢化が進んでいて、先ほどの統計では一部の町村では65歳を超えていました。つまり半分以上は年金暮らし。そうなると選挙では働く世代は票が集まりにくく、どうしても政策はシニア寄り。益々、都会へ若い世代が流出していくという悪循環になりますね。

 

民主主義は独裁体制より良いと思いますが、今の時代辺りでそのデメリットが大きく露出してきた感じですね。

 

そんなことを考えると暗くなってしまいますが、一方で60~70代でも元気なシニアは増えましたよね。昔は服装も髪型もいかにも「ジジクサイ」「ババクサイ」でしたが、今は明らかに若く見える人が多くなりました。ある意味、年寄りはこうあるべきという固定観念がなくなり、見えない縛りから解放されたためかもしれませんね。

 

そう言えば自分も50歳過ぎてもマンガやアニメ見てますが、奇異な目で見られることはないですね。昔だったらオッサンだったら時代劇で演歌というのが定番でしたが、今は人目を気にせず自由にできる良い時代です。そういう意味ではこれからシニアと呼ばれる世代になりますが、まだまだアグレッシブに生きていきたいですね。

 

ディープな横浜黄金町からハイソな紅葉坂へ

今回の散歩の出発地は横浜黄金町(こがねまち)。最寄り駅は京浜急行黄金町駅

黄金町というと昔、娼婦の街として有名だったのですが、警察が気合入れて検挙した結果、今ではだいぶ住みやすい街に変わったそうです。

駅のすぐそばの太田橋。ここを流れる大岡川を渡ると伊勢佐木町

つまり、このあたりは横浜を代表する繁華街の裏通りエリアと言えますね。

大岡川の前には小さな店舗がずらりと並んでいますが、元はとあるサービスを受ける店だったそうです。

こちらは昔ながらの日本旅館「山城屋旅館」です。温泉街にあるものとは違いビジネスホテルみたいな感じで利用するみたいです。

そしてこちらは「人間用セルフコイン」?

セルフコインって何? 人間用って何?

答えはコインシャワーです。ここに訪れたのは2022年1月ですがその時点で10分間300円。なかなか他の街では見ない施設ですね。確かに銭湯だと大人500円(神奈川県、2022年9月での値上げ時)なので安いといえば安いです。それにしてもセルフという言葉をつけているが、セルフでないシャワーっていったい何でしょうね。

ちなみに衣類用の洗濯機もあります。かなり、懐かしい感じがしますが。

ちなみに、このあたりはなぜかコインランドリーが多いですね。

こんなちょっとオシャレな感じのもあります。

この年季の入った看板も渋いですね。

ガビガビなのはともかく、マスコットも含めどうみても次世代とは思えないのですが。

電灯でしょうか。

このあたりはどこか時間が止まっている感じがしますね。

こちらは、、、うん?

横浜市立東小学校の壁画。なかなかインパクトあるデザインですね。

そんな感じで歩いていたら隣の日の出町駅へ。

ここは昔クルマで良く通ったのですが、間違ってはいないけど品川も三浦海岸も結構遠いだけにこの案内にいつもツッコミいれてましたね。

そこから野毛を横目に北へ進むと横浜の総鎮守であり、関東のお伊勢様とも呼ばれる伊勢山皇大神宮へ。創建は1870年(明治3年)と新しいですね。

祀られているのは天照大御神

絵馬は天岩戸をアメノタヂカラオを動かして隠れていた天照大御神が登場する直前の描写ですね。光で神を表現するとは。

そしてこの神社のすぐそばには結婚式場の伊勢山ヒルズがあります。

純和風の建物からガラリと変わり小規模ながらも豪華なつくりの教会と西洋色が濃いものに。ある意味、横浜らしいですね。

この建物の前の通りは紅葉坂小説やマンガなどに時々登場していますね。

モミジの葉を模したオブジェがあったりします。

そしてこの傍には神奈川県立の図書館や音楽堂、

能楽堂など文化施設があったりします。

紅葉坂を降りればみなとみらい。利便性が高いということで、この辺りは高級マンションが立ち並んでいます。黄金町、日ノ出町から500mも離れていませんがギャップが激しいですね。

なお、能楽堂の裏にある掃部山(かもんやま)公園には井伊直弼の像があります。横浜と井伊直弼というのはあまり関係なさそうかと思っていましたが日米修好通商条約を実質的に推し進めたのは井伊直弼なので確かに横浜を開港の立役者とも言えなくはないですね。

 

 

(未来予想)昔の写真 無料でスキャンします

2026年の妄想ブログ: 

 

20年以上前、銀塩カメラのネガフィルムを何とかしたいと思いフィルムスキャナーを買いました。しかし、セッティングが上手くいかず斜めになったり、お任せだと色調整がメチャクチャだったりと超大変。3本スキャンしたところで使わなくなりました。自分が結婚してから無駄遣いしたワースト3の不動の1位ですね。(他の2つは何か忘れてしまいましたが)

 

結局、近所のカメラ屋でプリントと同時に電子化するサービスをお願いするようになり、そしてデジカメ時代となり、大量のアルバム写真とフィルムは押入れの奥で静かに眠ることになりました。

 

そんな昔のことを思い出したのは最近始まった「家に眠っている古い写真を無料でスキャンします」というサービスに関するニュース記事を読んだからです。

 

このサービスはプリント(デジカメならば印刷)した紙の写真をこの業者に郵送するとスキャンして、その写真の画像ファイルが専用ホームページにアップロード。利用者が閲覧、ダウンロードできるというものだそうだ。

 

L版プリント写真80枚まで無料というが業者に送る郵送費は自腹。写真は会社によって異なるがプリント1枚3gくらい。80枚の写真だと250g以下で250円定形外物郵便として送れます。

 

利用手順としては①業者サイトから住所、電話番号、氏名、メールアドレスを入力して登録するとIDとパスワードが提示される。②自前で封筒を用意し、スキャンを依頼したい写真、IDを記載した紙、返送のための切手を同封して業者に郵送することで終了。作業が終わると業者から写真が利用者の元に送り返されてきます。なお、業者側で写真を破棄して良い場合は返信用封筒不要なので250円で済ませることができます。

 

また、600円を支払うコースならば①の登録後、封筒が送られてきて、それを利用して写真を送るだけ。IDを記載したりとか必要な切手を購入する手間が省けます。

 

ところで、どうして無料でこのサービスが提供可能かと誰もが思いますが、どうやら3つの秘策があるそうです。

 

1つ目は写真の束をセットすると自動でスキャンする装置を開発したこと。ある程度サイズは限定されますが、ほぼ手間いらずでスキャン作業が完了します。ちなみに小さいケースも含め規定サイズ以外の場合、1枚100円の料金が別途必要になります。

 

2つ目は、今まで巷でよくあるサービスの場合、スキャンした写真データをDVDに焼いたり、するのですがこちらは専用ホームページにアップして自分自身でダウンロード、保存する必要があります。また、このホームページは2週間で利用できなくなるという制限することでサーバー運用費もコストダウンしています。

 

そして、3つ目はスキャンした写真をデジタル素材として提供することを義務付けていて、業者はそれを使った別のビジネスで儲けているというカラクリのようです。AIで年代や映っているものを推定して写真の検索タグとして登録。有料のデジタル素材サイトから検索して、利用できる別のサービスを提供しているということです。ちなみに、素材として提供したくない写真については2週間以内に専用サイトから申し込めば1枚30円で提供させなくすることが可能になっています。

 

ところで、古い写真素材ってニーズがあるのかと思ったら、テレビドラマの時代考証や大学の近代史研究などの他、シニア世代を中心に個人利用する人が結構いるそうです。他人の写真であっても昔を懐かしむことができると好評のようです。そのニュース記事ではこちらの利用料金まで書いてなかったですが自分もちょっと興味ありますね。