未来ビジネスそうぞう日記

起業のヒントになる新ビジネス提案「未来予想」、気になるニュース、そして東京周辺の散歩の様子を報告します。(毎日更新)

(未来予想)オンライン管理職スキル資格

2023年の妄想ブログ:

 

2020年の新型コロナウイルスの流行は生活様式だけでなく、仕事のやり方についても大きな影響を与えた。

 

日本でも、デスクに向かって座っている時間ではなく、成果物で業務評価されるのがやっと当たり前になったきた。

指導者は声の大きさではなく、伝える言葉が重要になってきた、

皆一律にスキルアップしてチーム力を向上させることよりも、それぞれの意思や個性に合わせた成長を促し、総合的なチーム力向上を目指すようになってきた。

 

しかし、会社自身の進退に直結するトップはともかく、多くの中間管理職がそんな変化についてきているか?という話題がここ何年か盛り上がっていた。

そんな中、今年注目されているのがオンライン管理職スキル資格だ。

簡単に説明すると、各種オンラインツール(メールやZoom、Slack、MicrosoftのTeamsなど)を使って、管理職としての下記業務を適切に行うための最低限の知識とスキルを持っていることを証明する資格で、

  

 ・目標提示、タスク指示、業務相談

 ・仕事の進捗および成果物チェック

 ・部下の健康状態確認

 ・ネットワークトラブル対応

 

試験の形式は、午前が論述のペーパー試験(もちろんWeb上で)、午後がオンラインツールを使った実践試験から構成されるそうだ。

 

具体的には下記のような問題が出題されているそうだ。

 

問1)2時間後のお客様との打ち合わせで使う資料の参考データに不備があることを発見。この資料を作成した在宅ワーク中の部下に対し、どのようなツールを使って、不備がある点を使って、修正方法を相談、指示していくかを説明せよ。

→2時間という時間制限内に、確実に部下に連絡をつけて、確実に修正方法を伝えるために電話、テキストチャット、WEB会議などの有効な使い方を説明するのがここでのキーとなります。

 

問2)以下のようなメールテキストで作業指示をした場合、認識の齟齬で発生が予想される問題について、原因を踏まえて解説せよ。

5W1H、プロセス、完成度などの記載漏れにより、どのような問題が生じるかを説明させる問題です。

 

問3)自宅でWiFiを使って会社のPCと接続し、リモートデスクトップ上で仕事をしていている途中、急に操作不能になり、その状態が10秒以上継続した場合、どのような手順で原因を解明して、解決するか論述せよ。

→こちらは管理職というより、リモートワークに関する知識に関する問題。

 

それなりの難易度ですが、この資格は基本落とすためのものではなく、しっかり勉強してもらうのが目的のため、バリエーションは少なく、事前に模試やトレーニングを十分に行っていれば結構受かるそうです。もちろん、管理職としてのビジネス知識、読解力、作文力を持っている前提ですが。

 

また、本試験申し込み時に使用ツールや接続方法を選択するようになっていて、その選択により出題内容が調整されるようになっているそうです。勤め先の企業によって、このあたりの事情は大きく異なるが、このように考慮されているので、これは知らなかったという言い訳はできないようです。

 

もちろん、管理職への昇進条件はこの資格とは別に各企業や役職ごとに設定されていると思いますが、この資格はいわば管理職における「読み書きそろばん」を見つけていることを証明するものになります。

 

なお、ある有名企業では既存の全管理職に対し1年以内にこの資格を取得しろと命令が出て、それを受け、その本社近所で行われている「オフライン」の資格教育教室が大盛況だそうです。「オフライン」という点でちょっと大丈夫かなと、他人事ながら心配ですね。

 

今週のお題「お気に入りのTシャツ」

今の会社は夏以外はスーツ必須ですが、前の会社は服装にうるさくなく、TシャツでもOKでしたね。もちろん、管理職も含めて。

その中で、Uni〇yとかIT関連の各サービスの提供企業が行うセミナーやイベントで無料で配られたTシャツを着ている人がたまにいましたが、聞いてみると信者でないことが多いですね。お気に入りじゃないんかいって、ツッコミ入れたくなります。

 

 

f:id:dad_aslan:20200727222758j:plain

(Picture By Pixabay)

(未来予想)イブニング歩行者天国

2021年の妄想ブログ:

 

2020年の経験を活かし、コロナ感染はだいぶコントロールできているが、小売りや個人レストランの経営は依然厳しいようだ。

 

そんな中、4月から東京、神奈川などの大きな繁華街で、月曜、水曜、金曜の夕方17:00から21:00まで歩行者天国とする取り組みが始まったようだ。

 

歩行者天国と言っても、どちらかというと路上カフェ、路上ビアガーデンという感じで、道路上にテーブルと椅子を配置し、道路わきにレストランや居酒屋などの露店が出店しているというものだ。

 

これは以前国土交通省が行った、三密を避けるために飲食店が路上営業での道路占有許可基準を期間限定で特例緩和した施策で効果が測定できたため、さらに適用範囲を拡大して始めたのがこの取り組みのようだ。

xtech.nikkei.com

平日夕方の道路渋滞悪化を招く大胆な施策だが、東京では銀座、品川、渋谷、表参道、新宿、神奈川では横浜みなとみらい、川崎駅前などで行われているようだ。

 

今回の取り組みでは、飲食店以外の小売り店の出店も許可されているが、銀座や表参道などでは、本、文具、生活雑貨などの店が多く、飲んでお祭り騒ぎをするというより、読書したり、コーヒーやワインを楽しんだりと、ゆったり過ごす空間となっているようだ。

 

パリなどの欧州の都市では計画的に歩道を大きくする設計でオープンカフェ文化を根付かせたが、日本もこのような試みでそのような文化が根付くといいですね。

 

また、元々東京は川も多いので、写真のベルギーの都市ヘント(Gent)みたいにウォーターフロントのレストランやカフェが発展するといいのですが、夏は匂いがちょっと気になりますね。ここは科学の力で何とかし欲しいです。

 

ベルギー ヘント

ベルギー ヘント

ベルギー ヘント

 

オックスフォードTシャツ

今週のお題「お気に入りのTシャツ」

 

十数年前、妻がお気に入りだったのが、この”OXFORD UNIVERSITY”のTシャツです。

f:id:dad_aslan:20200801144443j:plain

(この写真は山梨県勝沼です)

 

これは2003年のイギリス旅行でオックスフォード(Oxford)を訪ねたときに買いました。

 

オックスフォードは日本でも有名な名門オックスフォード大学を擁する学園都市。

ロンドンから電車で1時間くらいで日帰り観光にお薦めです。

このTシャツは日本で行ったら、東大か早稲田か慶応のTシャツになるのかな。

 

当時のアナログカメラの写真が残っていたので、アップします。

 

こちらはオックスフォード大学クライストチャーチカレッジ。

f:id:dad_aslan:20200801152031j:plain

f:id:dad_aslan:20200801152026j:plain

f:id:dad_aslan:20200801152023j:plain

これはクライストチャーチカレッジトムタワーの前の広場。

ハリーポッターの映画でも有名ですね。

f:id:dad_aslan:20200801144457j:plain

f:id:dad_aslan:20200801144519j:plain

こちらもハリーポッターで有名になったカレッジのホール。

映画のまんまの雰囲気です。

f:id:dad_aslan:20200801144500j:plain

f:id:dad_aslan:20200801144503j:plain

中庭では学生たちが何かやっていますが、、、

f:id:dad_aslan:20200801144506j:plain

なんか、ゲートボールみたい。

調べたら「クロッケー」というゲートボールの原型となる球技でした。

f:id:dad_aslan:20200801144509j:plain

こちらはラドクリフ。カメラと呼ばれる建物。図書館のようです。

f:id:dad_aslan:20200801144513j:plain

f:id:dad_aslan:20200801144515j:plain

f:id:dad_aslan:20200801144522j:plain

f:id:dad_aslan:20200801144526j:plain

f:id:dad_aslan:20200801144451j:plain

学生たちがたむろしてます。学生街らしい光景ですね。

f:id:dad_aslan:20200801144447j:plain

 

鎌倉でも横浜でもない、大船は大船

前々回前回に引き続き大船散歩の話です。

f:id:dad_aslan:20200720225741j:plain

大船はJR東海道本線という幹線の駅で、根岸線の始発でもあり、モノレールの乗り換え駅でもある大きな駅だが、大船市ではなく鎌倉市大船ですね。

一方、横浜市にも隣接していて、さらに大船駅として考えると、鎌倉、横浜の両方に跨っているんですね。

鎌倉っぽい感じもあり、横浜っぽい感じもある。それが大船でしょうか?

前々回のブログでも書いた鎌倉芸術館は「和」テイストの鎌倉っぽい感じ。

f:id:dad_aslan:20200720225817j:plain

一方、三菱電機の情報技術総合研究所は最先端で、どこか横浜っぽい感じ。

周辺のマンションも都会的な感じ。

f:id:dad_aslan:20200723135657j:plain

しかし、駅前の商店街や個人の店には鎌倉でも、横浜でもない、どこか懐かしい昭和感が漂っています。

f:id:dad_aslan:20200723135723j:plain

f:id:dad_aslan:20200720225826j:plain

こちらは店構えは新しいですが、懐かしのプラモデル専門店。

f:id:dad_aslan:20200723135717j:plain

赤と青の白抜きの星。TAMIYAの看板、いいですね。

静岡の大学時代、TAMIYA本社の近くに住んでいたので、益々懐かしいです。

f:id:dad_aslan:20200723135700j:plain

こちらは駅前商店街。狭い路地に雑多な感じ。

アメ横とは違い、地元客で賑わう昭和な空気ですね。

f:id:dad_aslan:20200723135727j:plain

スプライトのロゴが懐かしい。

f:id:dad_aslan:20200723135711j:plain

魚屋も発砲スチロールの箱をそのまま使ったディスプレイ。

f:id:dad_aslan:20200723135714j:plain

f:id:dad_aslan:20200723135720j:plain

もちろん、コンビニ他、どこでも見かけるチェーン店もありますが、ここまで個人経営の店舗が多く、賑わっている地方商店街は首都圏では珍しいかもしれませんね。

f:id:dad_aslan:20200723135706j:plain

総菜屋のてんぷらセット、この量で540円。

さらにチキンカツの煮たのはこのボリュームで270円。

庶民の味方の商店街ですね。

f:id:dad_aslan:20200723135703j:plain

こちらのお茶の専門店「丸秀園」さんでソフトクリームを購入。

f:id:dad_aslan:20200723135731j:plain

ほうじ茶のソフト250円(これはカップ版でコーン版もあり)

抹茶もあったがほうじ茶を選択し、このほろ苦さが上手いと思う歳になったとしみじみ感じました。

f:id:dad_aslan:20200723135708j:plain


そして結論として、大船は大船ということで落ち着きました。

 

今週のお題「お気に入りのTシャツ」

15年くらい前、アメリカのガソリンスタンドのブランド76のオレンジTシャツをよく着てました。今思うと不思議だけど、なぜかあのオレンジ色が気に入ってました。

車窓から気になっていた大船の観音様

前回に引き続き大船散歩の話です。

f:id:dad_aslan:20200720225741j:plain

 

これを初めて見たのは中学生の時。

静岡から東海道本線で東京に行く途中、車窓から見かけた巨大な観音像。

気になってはいたが、30年以上放置。

そして、2020年7月。ついに訪問することを決意しました。(大げさな)

f:id:dad_aslan:20200723123704j:plain

駅から歩いて2分くらいのところに参道の入り口があります。

注目はカラーコーン。

f:id:dad_aslan:20200723123713j:plain

お地蔵様仕様のカラーコーンです。

f:id:dad_aslan:20200723123726j:plain

ここから急な坂を3分ほど登ると、

f:id:dad_aslan:20200723123710j:plain

大船観音寺の山門に到着します。

f:id:dad_aslan:20200723123736j:plain

参拝料は大人300円。門の下の賽銭箱に入れます。小銭(現金)を忘れずに。

なお、小銭が無くても、中に売店があるので最悪そこで両替できるかも。

f:id:dad_aslan:20200723125359j:plain

門を抜けると、右手に行くと階段があり、そこでようやく観音様に再会できます。

f:id:dad_aslan:20200723123719j:plain

念願の正面から観音様です。ふくよかで、柔らかい表情をしてますね。

高さ25mというと8階建てのビルに相当しますが、それほど大きな感じはしません。

f:id:dad_aslan:20200723123707j:plain

観音様の周りを回れるようになっていて、右側に行くと、少し憂いを帯びた表情となります。

f:id:dad_aslan:20200723123723j:plain

こんな角度でも見ることもできたんですね。

ここから見る姿は、何か力強さを感じることができます。

f:id:dad_aslan:20200723123739j:plain

観音像の後ろから、中に入ることができます。

中にもこのような観音像があります。

f:id:dad_aslan:20200723123716j:plain

さらに木彫りの千本仏があります。個人で彫って奉納できるみたいですね。

f:id:dad_aslan:20200723123730j:plain

f:id:dad_aslan:20200723123733j:plain

こんな感じで長年の悲願だった大船観音の参拝を達成することができました。

なお、都市伝説では体の半分は地中に埋まっていて、世界のピンチになったら地上に出てきて戦ってくれるとか。しかし、今の世界のピンチ、コロナウイルスは非常に小さいので、見守るくらいしかできず、観音様にとっては歯がゆいのかもしれませんね。

 

今週のお題「お気に入りのTシャツ」

 むかし、お気に入りのTシャツの首がヨレヨレになって伸びた状態のとき、大仏みたいだと言われたことが。。。失礼だろう、大仏様に。

何も残っていない松竹大船撮影所だが、、、

今回は大船を訪ねてみました。

昔から行きたかった場所が二つ。

そのひとつ、松竹映画の大船撮影所跡地を目指しました。

f:id:dad_aslan:20200720225741j:plain

こちらは松竹前のバス停

撮影所の閉鎖は2000年。まだ、その名前だけは残っていますね。

f:id:dad_aslan:20200720225756j:plain

交差点名にも残っています。

f:id:dad_aslan:20200720225833j:plain

そして、これが撮影所があった場所に建っている「松竹大船ショッピングセンター」。

ここは元々、この一階は三越だったようですが2009年に撤退し、ブックオフになったそうです。道路を挟んだイトーヨーカードーとこのブックオフがメインだと、ショッピングセンターと呼ぶには少し寂しい感じがしますね。

f:id:dad_aslan:20200720225830j:plain

こちらは撮影所の跡に建った「鎌倉女子大学

今では普通の大学ですが、ドラマの撮影で何回か使われたようです。

f:id:dad_aslan:20200720225806j:plain

f:id:dad_aslan:20200720225759j:plain

さらにここも撮影所の敷地後に建った「鎌倉芸術館」。

公共の芸術施設で、個展ができる展示室や劇場ホールがあります。

f:id:dad_aslan:20200720225817j:plain

f:id:dad_aslan:20200720225809j:plain

鎌倉らしい「和」テイストのデザインですね。

f:id:dad_aslan:20200720225812j:plain

f:id:dad_aslan:20200720225803j:plain

で、撮影所跡は終わり。。。

改めてネットで調べましたが、跡地を示すレリーフも記念碑もないようです。

かなり寂しいですね。。。

しかし、松竹撮影所のゆかりのある中華料理屋を発見。

早速、訪ねてみました。

 

そして、ここがその店。中華「でぶそば」です。

f:id:dad_aslan:20200720225826j:plain

小さな店ですが、インパクトのある店名に負けない「看板」が立っています。

f:id:dad_aslan:20200720225822j:plain

中の様子はこんな感じ。チェックのテーブルクロスに昭和を感じます。

f:id:dad_aslan:20200720225748j:plain

松竹映画と言ったら「男はつらいよ

昭和生まれのほとんどが一度は見たことがあるのではないでしょうか?

映画館で観なくても自宅のテレビで親と見たとか。

長距離観光バスの暇つぶしに流れているのを見たとか。

今でもBS Tokyoの土曜夜に毎週放送してますね。

 

ここは寅さん役の渥美清さんがよく使っていた店だとか。

そして、よく注文していた「半チャン半ソバ半シュウ」が寅さんセットとしてメニューにありました。

f:id:dad_aslan:20200720225744j:plain

こちらがその寅さんセットです。

ラーメンはあっさり醤油味。チャーハンもあっさり。シュウマイは肉ぎっしり。

味はすごく美味しいというわけではないですが、飽きがこない味。

週に2回くらいのペースで、なんとなく食べてしまう味ですね。

f:id:dad_aslan:20200720225751j:plain

なお、この店の詳細を知りたい人はこちらをどうぞ。

dear-tora-san.net

柴又には寅さん関連の記念碑、銅像、お土産屋は多いですが、撮影所のあった大船には寅さん以外も含め、ほとんどの痕跡がなかったのは寂しいですね。

しかし、その中で、この中華屋に立ち寄れたのは本当良かったです。

この店を切り盛りするのは二代目とその奥さんみたいですが高齢のようなので、健康に気をつけて、長く店を続けて欲しいですね。 

 

今週のお題「お気に入りのTシャツ」

夏の散歩には下着としてユニクロのエアリズムTシャツを着るのが定番ですね。

相談役とか顧問は何をする人か?

昨年、こんなタグが話題になったようです。

#島耕作の次の役職を考えよう

 

島耕作は大学時代、友人に借りて1巻から読んでましたが、そのころ連載では部長に昇進していました。

部長以降は読んでいなかったですが、風の噂で取締役、常務、専務と。。。

そして、とうとう社長に昇進。てっぺんまで上り詰めたかと思ったら、さらに会長、さらに相談役となっていたんですね。

 

そして、この次の肩書を想像してみようというのが「#島耕作の次の役職を考えよう」というタグだったようですが、こんなのがあったみたいです。

matome.naver.jp

。。。ニート 島耕作は既にあったか。

ゲスの極み 島耕作はある意味ぴったりか。

内閣総理大臣 島耕作はあっても不思議ではないが。

 

個人的には、

 フリーター 島耕作

 ヘルパー 島耕作

 ヒッピー 島耕作

 教祖 島耕作

あたりか。

 

そういえば、昔の会社にとんでもない顧問がいました。

見た目は普通の、気の良いおじいさんですが、持っている特許が基礎の電子回路工学の教科書に載るレベルで、売り上げへの貢献は〇〇〇億円とか。しかし、経営には関心がないため、技術屋の顧問として会社に残っている人でした。

 

席が近くなった時、顧問宛の電話をよく取次ぎしましたが、名乗らない人が多いというか、経団連副会長まで務めた後輩の元社長みたいに、おいそれと名乗れない事情の人が多かったようです。

 

ある日、「ドルが、、、午前中に、、、」とか電話で話しているのを聞いた後、その日午後に日銀介入で円ドル相場が大きく動いたニュースを見たときは、さすがにビビりました。

 

また、別の日の電話で「いつものところで一丁、注文しておいて。」とか話しているのを聞いた時は「この一丁は何を指すか」と隣人とこっそり話してましたが、その後、「木綿でなく絹で。」と。。。単に豆腐の注文でした。

 

ちなみにその顧問のお仕事は、高度な技術課題への助言とお客様へ障害報告時の謝罪でした。「まぁ、まぁ、ここは、、、」という柔和な語り口でトラブルを収める手腕は凄いという噂でした。

 

トップレベルのミーティングなので、当時20代の自分は出席する機会はなかったですが、直接その場に立ち会ってみたかったですね。

f:id:dad_aslan:20200524181534j:plain