未来ビジネスそうぞう日記

起業のヒントになる新ビジネス提案「未来予想」、気になるニュース、そして東京周辺の散歩の様子を報告します。(毎日更新)

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ

(未来予想)在宅勤務は学校で?

2022年の妄想ブログ:

 

在宅勤務と言っても、いろいろ誘惑の多い自宅でなく、近所の喫茶店やファミレスを使う人も多いとか。しかし、塵も積もれば山となるで、月の半分が在宅勤務だったりするとけっこう痛い出費になりますね。

 

そんな中、ある地方自治体で始めたのが公立小学校、中学校の在宅勤務者への教室提供だ。

 

学校には生徒数の減少で使わなくなった一般教室の他、図書室、理科室、視聴覚教室など比較的空いている時間が多い特別教室もある。これらを有効利用するというものだ。

 

登録料は1,000円、利用料は1日300円。専用サイトで登録や予約が可能だそうだ。

 

コンピュータ教室などの一部を除き、個別の電源コンセントやWi-Fiはないので、延長電源ケーブルなどを自前で持ち込むなどの手間は必要であるが、格安なのは魅力的です。

 

このサービスのアイデアとしては昔からあったそうだが、学校を一般人に開放するというのはセキュリティー観点でNGだったそうだ。しかし、最近は監視カメラが設置され、構内や教室の出入りにNFCカードによる認証が導入され、セキュリティー面での問題がクリアになったそうだ。

 

確かに事前登録で免許のコピーなどで住所や顔がわかっていれば、だいぶ安心できるし、さらにNFCならばスマホにも搭載されているので別途カードを発行する作業は不要と、コスト面も含めいろいろメリットがありそうですね。

 

また、利用者にとっとも、小学校、中学校ならば自宅から比較的に近いところにあるし、学校という若干緊張感がある空気が気分の切り替えにもなるということで評判も良いようです。

 

先進的な自治体の取り組みということで、すぐに他地域に広まることはないかもしれませんが、それなりの評価、利益が上がることがわかれば、徐々に展開されそうですね。

ちょっと期待します。

 

なお、こちらの未来予想は2019年には実現しなかったですが、そろそろ実現するかも。。。

dad-aslan.hatenablog.com

 

f:id:dad_aslan:20200516184427j:plain

 

(未来予想)オフランチタイムサービス

2021年の妄想ブログ:

 

2020年のコロナ禍以降、多くのサラリーマンにすっかり定着した在宅勤務ですが、子供が邪魔をする、気持ちが切り替わらないなどの諸事情のため、ファミレスで仕事している人も多いとか。

 

しかし、コーヒー1杯で4時間も居座られたり、フリードリンクをつけたランチで11:30から居られるとランチ回転率が下がるなど、店にとってはかなり迷惑な客だ。

 

一方、ランチ時間帯以外の空いているときに手間がかからない客は接客バイトの数を増やさなくても対応できるのでドル箱的存在だ。

 

そんな状況を考慮して、最近某大手ファミレスチェーンが始めたのが「オフランチタイムサービス」だ。

 

フリードリンクと軽食が付いたサービスで、利用時間は午前の部が8:30-11:30、午後の部が13:30-17:30という朝昼夕食の隙間を狙った時間帯だ。

 

軽食と言っても、Lotusのビスケット2枚など市販の菓子が日替わりで用意されていて、店員にとっては手間がかからないのと、利用者側もカロリーが高いスイーツだと遠慮したい人にとっても嬉しいとWin-Winのようだ。

f:id:dad_aslan:20200516162230j:plain

 

このサービスは平日のみで税込み400円、午前、午後の両方利用で700円だそうだ。

 

現在、かなり好評のようで在宅勤務者以外にも、主婦やシニアにもウケているようだ。しかし、在宅勤務者支援を目的としているので、この時間帯、大声でしゃべる人の利用を遠慮してもらっているとか。静かに過ごせるというのは、これはこれで仕事でなくても嬉しいですね。

 

なお、在宅勤務の利用者の多くは利用できない11:30-13:30の間にスーパーで買い物をしたり、自宅に帰って昼食をとったりするそうだ。また、2時間あるので、なかには昼寝する人も。なんか、スペインのシエスタみたいな感じで良いかも。日本人にとっては、新しい生活スタイルとも言えそうですね。

2002年冬の小樽

今週のお題「遠くへ行きたい」

 

これは小樽の「北一硝子」の器です。

見た目も好きですが、丈夫でかつ大きさも手ごろで非常に気に入っていて、2000年から20年間ヘビーローテーションしています。

f:id:dad_aslan:20200523193556j:plain

今年3月の会社退社後、モラトリアム期間を使ってまた小樽の北一硝子の店に行こうと妻と話していたのですが、緊急事態宣言で残念な結果に。

 

ということで、2回目の小樽訪問時の写真を紹介します。

2000年の1回目は夏でしたが、この2002年の2回目は冬でした。

f:id:dad_aslan:20200523193543j:plain

f:id:dad_aslan:20200523193547j:plain

こちらは北一硝子の建物。(といっても、これは酒・ワインの店のほうです)

f:id:dad_aslan:20200523193540j:plain

静岡出身の人間にとってはこの氷柱は衝撃的です。

f:id:dad_aslan:20200523193538j:plain

雪かきスコップもこんなに種類があるのは驚きです。

f:id:dad_aslan:20200523193535j:plain

時期を冬にした理由の一つは北海道の魚介類。

新鮮でプリプリの刺身を楽しんできました。(魚の名前がわからん)

f:id:dad_aslan:20200523193532j:plain

大きなホタテにプチプチのイクラ、出し惜しみしないウニ。

小樽の寿司、最高!

f:id:dad_aslan:20200523193529j:plain

f:id:dad_aslan:20200523193527j:plain

そして、冬を選んだもう一つの理由は「雪あかりの路」のイベント。

f:id:dad_aslan:20200523193549j:plain

今度は秋に再チャレンジしたいが、どうでしょうか?

このまま再発なく、収束してほしいですね。

 

おまけ。小樽の小さな路地で見つけました。。。。アホですね。

f:id:dad_aslan:20200523193553j:plain

 

2007年冬のシカゴ

今週のお題「遠くへ行きたい」

 

2007年に出張で行ったシカゴの写真です。

f:id:dad_aslan:20200523152517j:plain

ニューヨークやロサンゼルスほどではないですが、アメリカを代表する大都市のひとつで多くの有名な映画やドラマの舞台になっています。

 

こちらは”L”と呼ばれる高架鉄道

古いですがドラマ"ER"でも良く使われてました。

クルマ社会のアメリカではニューヨークの地下鉄の次に有名な鉄道かもしれませんね。

f:id:dad_aslan:20200523152532j:plain

シカゴの特徴のひとつは、巨大なビルディングの数が「多い」ことです。

日本でも丸の内や新宿副都心でビル街を見ることができますが、建物の密度、大きさ、ビル街の広さが圧倒的に違いますね。

f:id:dad_aslan:20200523152453j:plain

f:id:dad_aslan:20200523152450j:plain

また、ビル街だけであればニューヨークのほうが上かもしれませんが、シカゴのもうひとつの特徴は、市街地を流れる川でしょうか。

f:id:dad_aslan:20200523152457j:plain

ちょっと渋めのクラシックな「橋」を楽しむことができます。

f:id:dad_aslan:20200523160256j:plain

また、このとき2月下旬でピークは過ぎていたものの、日中でもマイナス10度くらい。

f:id:dad_aslan:20200523152448j:plain

寒いときはマイナス20度近く下がり、川に氷の塊が浮いていました。

f:id:dad_aslan:20200523152507j:plain

こちらはシアーズタワー。高さ527m。アメリカで二番目に高いビルです。

今は命名権が売却されウィリスタワーという名前ですが個人的にはシアーズタワーのほうがしっくりきますね。

f:id:dad_aslan:20200523152505j:plain

タワーからのミシガン湖畔の景色。海のような巨大湖で、向こう岸が見えません。

僅かですが岸に流氷が残っていますね。

f:id:dad_aslan:20200523152510j:plain

こちらは巨大高速道路と巨大インターチェンジ

それにしても山がありません。広大な平らな土地が広がっています。

水平線も地平線も見れるのは日本では味わえない体験です。

f:id:dad_aslan:20200523152513j:plain

夕刻の街並み。

f:id:dad_aslan:20200523152520j:plain

左の建物は巨大立体駐車場です。

f:id:dad_aslan:20200523152502j:plain

拡大するとクルマが停まっているのがわかります。

それにしても、この建物の大きさだと何台停めることができるんだ?

f:id:dad_aslan:20200523162735j:plain

夜はナトリウムランプでオレンジ色に染まります。

f:id:dad_aslan:20200523152527j:plain

行ったことはないですが、ニューヨークは最先端かつ雑多で、良い意味でも悪い意味でも騒がしい感じがありますが、シカゴはちょっとクラシックで落ち着きのある、良きアメリカの大都会という感じがあります。

 

出張でなければ一生旅行先に選ぶことはなかったと思うけど、訪ねてみて良かった街の一つです。ニューヨーク、ラスベガス、ロサンゼルスはいまいちと思った人は是非おすすめですね。(でも、冬は激寒なのでお勧めできません。)

 

ちなみにシカゴで食べたギガサイズのピザは一生の思い出ですね。

dad-aslan.hatenablog.com

 

埼玉でカリフォルニアの公園を思い出した

今週のお題「遠くへ行きたい」

お題「#おうち時間

 

自宅での過ごし方として写真整理を始めたがなかなか進まない。

そりゃ、いろいろ思い出して手が止まるためですね。

 

この写真は昨年5月、埼玉、越谷のイオンレイクタウンに行った時の写真です。

f:id:dad_aslan:20200517192418j:plain

イオンレイクタウンはKaze棟、Mori棟、アウトレット棟からなる、敷地面積東京ドーム5.2個分という超巨大ショッピングモール。 で、こちらは隣接している、これまた巨大な調整池。

水害対策のための池であると同時に市民の憩いの場として整えられて、こちらの展望施設にあるベンチにてモールで購入したお弁当を、眺望を楽しみながら食べることができるというわけだ。

 

そして、こちらの写真を見て思い出したのが、サンフランシスコにほど近いForster CityにあるLeo J. Ryan Parkという公園です。

f:id:dad_aslan:20200517192515j:plain

f:id:dad_aslan:20200517192518j:plain

f:id:dad_aslan:20200517192525j:plain

f:id:dad_aslan:20200517192527j:plain

f:id:dad_aslan:20200517192521j:plain

f:id:dad_aslan:20200517192512j:plain

この公園のすぐ脇にショッピングモール、レストラン、ホテルが隣接していて、2007年、シリコンバレーのとあるIT起業への出張でそのホテルに滞在しました。

ここは高速道路のインターチェンジから近く、深夜までやっているスーパーマーケットもあって非常に便利でした。

また、4日間くらいの滞在でしたがほとんど快晴でした。このとき8月でしたが、ロサンゼルスほど暑くなく、非常に爽やか。サンフランシスコ近辺に住みたくなる人の気持ちが良く分かりました。(今や超高級住宅街ですね。)

 

それにしても、ここに似せたのかどうか不明ですが越谷もやりますね。

ちなみに「埼玉県越谷市レイクタウン」という正式な住所が存在するそうです。

この地域に住んでいる人はレイクタウンに住んでいると堂々と言えるんですね。

mapfan.com

スペインバルと生ハム原木の森

今週のお題「遠くへ行きたい」

 

先日のベルギーイギリスに引き続き、スペインでの酒場の話。

 

スペインに行ったのは2002年。

このときは言語と移動の煩雑さを考えて、旗振りツアーで行きました。

 

こちらはセルビアの昼食で寄ったレストラン。

というかレストランでもあり、バル(bar=居酒屋)でもある。

f:id:dad_aslan:20200510200139j:plain

店の奥に並んでいるのは。。。

f:id:dad_aslan:20200510200145j:plain

生ハムの原木です。正面だけでなく、左の壁にもあります。

日本だとプラスチックの飾り物が置いてあるスペインバルはありますが、本物のハムがこれだけ大量においてある店はないでしょうね。

原木だけに生ハムの林というか、森というか。。。

f:id:dad_aslan:20200510200142j:plain

ランチなのでアルコールはないが、生ハムとパエリヤを堪能しました。

このときまで生ハムは、結婚式の披露宴でメロンの上にのった塩味をつけるだけの極薄のものしか食べたことがなかったのですが、ちゃんと「肉」を堪能できることを確認。生ハムに目覚めました。(100gで2000円後半のプロシュートならば極薄でも肉の味がするのを知ったのはもう少し後になります。)

f:id:dad_aslan:20200510200200j:plain

f:id:dad_aslan:20200510200157j:plain

昼食後、帰るときは多くの客がいました。人気の店だったようです。

f:id:dad_aslan:20200510200149j:plain

ちなみに原木は日本でもAmazonで買えます。

湿気の多い日本では保存、管理が面倒ですが。

 

これはマドリードの普通の肉屋。大量のサラミが。。。ビールに合いそう。

f:id:dad_aslan:20200510200154j:plain

 

こちらは普通のドライブイン

f:id:dad_aslan:20200510214909j:plain

ちょっとしたセルフのビュッフェ形式。

f:id:dad_aslan:20200510215040j:plain

f:id:dad_aslan:20200510214901j:plain

そして、なぜかバルも併設。ドライブインなのに。。。

コンパクトながらも生ハムの原木は多数取り揃えている。

f:id:dad_aslan:20200510214907j:plain

そんな誘惑もあるが、旗振りツアーなので自粛して、飲むヨーグルト

f:id:dad_aslan:20200510214904j:plain

 

夕食も付くツアーでしたが、自由時間の夜が1日あったので、妻と二人でバルに行ってきました。

スペイン語はほとんど通じなかったですが、ビアだけは問題なく注文できました。

写真は残っていないので店の名前などは覚えていませんが、ピーナッツの殻が床に大量に落ちているのは覚えています。食べた後の殻を足元に捨てる習慣があったようです。スペインの流儀なのか、そのお店の流儀なのかは不明ですが。

(ビジネス考察)空いている時間・スペースの有効活用

少し前の4月28日、Responseという自動車を中心とした交通関連のニュースサイトにこんな3つのニュースが出ていた。

response.jp

response.jp

response.jp

「配送ドライバーによる買い物代行」

「タクシー運転手による出前」

「駐車場での無人野菜販売」

 

これ以外にも以前からこんなのもあるそうです。

news-boy.com

いずれも空いている時間や場所を有効利用して、本業ではない仕事で稼ごうというものです。さらに言えば、ネットによりリアルタイムに変わるニーズを把握できるからこそ、できるサービスとも言えますね。

 

自分の「未来予想」記事でも、この空き時間、空きスペースの異業種の有効利用を切り口に考えた妄想ビジネスがいくつかあります。

 

dad-aslan.hatenablog.com

dad-aslan.hatenablog.com

これらは人材という観点で見た場合、副業の活性化であり、マルチスキル化によるキャリア価値の強化に繋がり。今後このような「空き」を別のサービス活用するビジネスがますます増えるのではないかと予想されますね。

 

ちなみに個人的にはITスキル以外で得意なのは足ツボ押しです。

今は家族内でしか活躍していませんが、副業としてちょっとやってみたいですね。

 

f:id:dad_aslan:20200502194207j:plain